市ヶ谷・四ツ谷で肩こりや首の痛み、腰痛などでお悩みの方は当院にお任せください。

腎臓病

このような症状でお悩みではありませんか?

腎臓病

  • 腎臓機能の低下を指摘され先が不安になってしまう
  • 身体は元気なんだけどクレアチニン値は上がる
  • お薬、サプリメントを試しても改善が見られない
  • 食事の制限を頑張っているけどなかなか成果が出ない

この様に腎臓病でお悩みの方、是非一度当院にご相談ください

慢性腎臓病(CKD)とは?

腎臓の障害が慢性的に続いている状態のことをいい、日本では1300万人(8人に1人)いるとされ、新たな国民病と言われています。

原因

  • 生活習慣によるもの
  • 高血圧
  • 免疫力の低下
  • ウィルス感染
  • 遺伝
  • その他

CKDの診断

1 腎障害がある

・蛋白尿、血尿がある
・画像診断で障害が見られる

 

2 腎機能の低下

eGFRが60未満に低下している

この状態のいずれか、または3か月以上持続した状態のことを言います。

腎臓の機能が悪くなると?

腎臓は体内の老廃物を体外に排出し、血液をキレイにし水分の調節、ホルモンの分泌といった生命の健康維持にとても重要な働きをしています。
その腎臓に障害が起きてしまうと身体中に様々な症状が出てきます。

腎臓は『沈黙の臓器』と言われ初期の段階では自覚症状がほとんどなく、腎機能が徐々に低下していくと、老廃物が蓄積され症状が現れ始めます。

  自覚症状を感じてきた頃には、病態としてはかなり進行している事が多くそのまま放置してしまうと、腎不全になり透析、腎移植へと進んで行きます。
一度低下した腎機能は回復することは無くなってしまいます。

当院の慢性腎臓病の治療と目的

慢性膵炎

目的

腎機能低下による各症状の改善 残っている腎機能を維持し透析を遅らせる

治療

・腎臓機能の活性
・免疫力の向上
・血圧の降下
・糖尿病性腎症がある場合、HbA1cの改善
・腎性貧血がある場合、その改善
・蛋白尿がある場合、その改善

             

当院の治療法、高麗手指鍼で症状の改善が可能です。
症状、血液検査の数値により頻度は変わりますが目安として、クレアチニンが正常範囲内であれば週1ほどクレアチニンが2以上の場合は週2〜3回(理想)通って頂くこともあります。

※原則腎臓病の方は定期的に病院で診察を受けられている方を施術させて頂きます。

腎臓病治療を行う上で重要なこと

特に大切なことは、食事療法、薬物療法をしっかりと行って頂き、過労を避け激しい運動などを控えること。

そして食事療法が乱れてしまうとどんな治療を行っていようと良い結果を出す事が難しくなります。
患者様ご自身のご協力がとても大切になります、ご理解の程よろしくお願い致します。

当院もお力になれるよう、全力で対応させて頂きます。