市ヶ谷・四ツ谷で肩こりや首の痛み、腰痛などでお悩みの方は当院にお任せください。

小松式高麗手指鍼とは?

小松式高麗手指鍼とは?

小松式高麗手指鍼とは

高麗手指鍼とは1975年に韓国で柳泰佑先生(現高麗手指鍼療法学会会長)より創案されました。
それは両方の手のひら、手の甲、そして手指に全ての器官や臓器の気脈や気穴と呼ばれる14の経絡、345の経穴が手に全て縮図化されている事を発見されました。
そして様々な病気や症状に対して、手のはり専用の小さい鍼やお灸で『第二の脳』と呼ばれる手に微量の刺激を与える事で、脳内の血流が良くなり身体の内側からその病変に作用し、働きが弱くなっている内臓を活性化し治癒力を引き出す事で、改善の方向へと導いて行きます。

日本では、金盛萬先生に指導を受けられた小松隆央先生により、より高い治療効果を上げるた様々な工夫をされ続け『小松式高麗手指鍼』を確立されました。

小松式高麗手指鍼は頸椎症や腎臓病をはじめ、難病まで一般の鍼灸では改善が困難な症状まで対応ができます。
当院は小松隆央先生に従事しご指導を受け、『小松式高麗手指鍼』の施術を行っております。

高麗手指鍼の特徴

1最大の特徴は

慢性膵炎、腎臓病など内科系症状の不定愁訴、頸椎ヘルニアなど一般的な鍼灸治療では対応することが難しい病気、症状に対応できる。

2治療の体勢を問わない

椅子に座りながら、ベットに横になりながら状態に合わせ治療が可能です。

3着替える必要がない

基本的に高麗手指鍼のみの治療の場合は、手のみの施術で全身調整をします。
肌を露出する事なく施術を受けることができます。
ただし、お身体の鍼と手指鍼を組み合わせて行う場合はお着替えねがいます。

4医療事故が無く安心

手のみで治療が可能です。
お身体の危険な場所に鍼を刺す事はありません。

5禁忌疾患がない

6お薬などと違って副作用もない

お薬を服用できない妊婦さんなども安心して治療を受けて頂きます。