市ヶ谷・四ツ谷で肩こりや首の痛み、腰痛などでお悩みの方は当院にお任せください。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは大腸の粘膜に炎症が起こる病気で、免疫細胞が何らかの原因で自身の腸の細胞を攻撃してしまい、潰瘍やびらんができる自己免疫疾患で厚生省から特定疾患・難病にも指定されている病気です。

原因不明と言われ、なかなか良くならず、良くなったり悪くなったりを繰り返すため日常生活にも支障をきたす事が多いです。
今の西洋医学でもはっきりとした治療法が明確でありません。

好発年齢は10代から高齢者まで幅広い層では発症しますが、特に10〜30代と比較的若い年齢で見られる事が多くあります。
男女差はありません。

症状

主な症状は、血便、粘液便、下痢、腹痛があり、これらの症状がおさまったり、ぶり返し慢性的になりやすく治癒しにくい。
トイレの回数も多い人だと1日20回以上と生活にも支障をきたしてしまいます。
他にも、体重減少、食欲不振、発熱、頻脈、貧血などがあります。

当院での治療

慢性膵炎

当院での潰瘍性大腸炎に対する治療は高麗手指鍼で行います。
潰瘍の種類、症状の強さ、炎症タイプなどで効果の出方は様々ですが、治療を継続して頂く事で自覚症状の軽減、日常生活を快適に送る、そして寛解期の維持を目指し治療を行います。

原則、病院で定期的に治療されている方が当院での治療対象の方とさせて頂きます。